看護師が治験コーディネータに転職だと!?

治験コーディネーター(CRC)への転職

サイト運営者の矢神と申します。
私は都内で大学病院向けの治験コーディネーターを派遣する民間会社(SMO)で15年ほどCRCで働いています。
以前は、総合病院の看護師として仕事をしていました。
CRC
CRCの仕事は、病院側が作成した治験計画に基づいて、治験の被験者に薬や医療機器を使ってもらうためにコーディネートします。
病院側と被験者のスケジュール管理もメイン業務の一つです。
CRCといえば病院側が委託業者に依頼するケースだけではありません。
病院で雇用されCRCとして働くこともできます。
つまりCRCとして働くには「病院に直接雇用される」「委託業者に雇用される」の2つがあるのです。
ただし病院に直接雇用されるCRCほとんどはアルバイトや契約社員です。
常勤になるには、CRCの仕事だけではなく看護師や薬剤師、医師などが兼務するケースがほとんどです。
とくに看護師の場合は薬剤師や医師に比べて医薬品の知識が不足しがちのため、業務後の勉強が必要不可欠になりオーバーワークでかなり退職率が高いので注意をしましょう。
また現在の薬品業界はグローバル化の波を受けて、非常に厳しい環境にあります。
元看護師だからといって優遇されることはありません。
CRCも営業力や調整力といった治験以外のスキルも求められるでしょう。
CRCのスキル
非資格保持者と同じように激しい競争にさらされるため、それなりの覚悟が必要です。
今後は転職をしたくても、それなりの実力を持った人材紹介会社でなければ、なかなか良い求人に巡り会えないと聞きます。
看護師がCRCを目指すのであれば、まずは転職活動を共に戦うエージェントを見つけるのが一番の近道です。
このような人材紹介会社を比較したサイトでチェックしてみてください→http://www.plandenacion.hn
また当サイトでは「治験コーディネータとして働いていた」「治験に被験者として参加した」方々から体験談を募集して掲載しています。
これから治験コーディネータに転職したい看護師の方にぜひ一度見ていただきたい内容となっています。
どうぞごゆっくり。

当時専門学生だった男性が高額に惹かれ治験バイトをした話

23歳・男性・東京・健康体・未婚
当時の私は専門学生、バイトをしてもなかなか続かず、お金のない期間が続いていました。
そんな時、友人から治験のバイトを紹介され、参加しました。
短期間で金額の高いバイトだったのが理由です。

どうやって治験バイトを探しましたか?

治験のバイトは半年経たないと再び受けることができないので、半年後に他の治験バイトも受け、合計2回参加しました。
1回目は友人の紹介で、2回目はネットで検索しました。

2回治験のバイトをしたとの事ですが、1回目はどんな治験バイトでしたか?

治験専用の病院に事前に健康診断を受け、治験を受けることが可能か検査されます。
可能であれば後日連絡があり、当日いくつかの書類にサインして治験スタートです。
1回目は2泊3日の入院で、外出禁止でした。
何の薬だったかは忘れましたが禁煙で1日数回の採血がありました。
1部屋6床の病室で、比較的スペースは広かったです。
まず初日、病院に着いたら寝間着のようは服に着替えさせられ、入院中はずっと病院の支給する服で過ごします。
起床時間、消灯時間は決まっており、日に3回の食事が出ました。
ベッドではなく、共有スペースのような場所で頂きました。
それ以外は特に決まり事はなく、飲み物は自由に飲んでよかったです。
病院には漫画やゲーム機、TVがあり、ずっとそこに置いてある漫画を読んで過ごしていました。

次に2回目バイトの事を教えてください。また、2回治験を受けてそれぞれ報酬はいくらでしたか?

2回目は30日間の入院で、糖尿病の薬だったと思います。
20人ほどが投薬され、半分はプラセボ(成分の入ってないただの錠剤)でした。
自由な外出は禁じられていましたが、週に1回みんなで外出した記憶があります。
また、今回は、禁煙ではなかったので喫煙者としては30日間が苦になりませんでした。
あとは1回目と同じでしたが、期間が長かったため、同室のメンバーで、いつのまにか仲良くなったりして一緒にゲームを楽しんだりしていました。
報酬は、1回目が7万5千円、2回目は30万円です。

これから治験バイトする人にアドバイスをお願いします。

私が参加したのは、前に数回の治験が行われた薬だった為、体調には特に影響ありませんでした。
短期間で稼げるいいバイトだったと今は思います。